英語勉強本の著者による、TOEICによく出る単語のメモ

【advocate】

・「主唱する」「唱導する」という意味の動詞です。

・同形で名詞にもなります。

・TOEIC900点レベルの単語です。

 

「さぁ、みんな今日はラーメン屋に行こうぜ!」と率先して呼びかけるようなシチュエーションで使います。

adは「前に出る」とか「事前に」というニュアンスがある接頭辞です。advance「前進」などが良い例です。

vo〜は、専門家に言わせると色々とあるようですが「声を出す」というニュアンスがあるように思います。voice「声」とかそのまんまですよね。

ad「前に出る」+vo「声に出す」=advocate「唱導する」という意味で覚えましょう。

 

 

 

【関連語】

・equivocateが「あいまいな言葉を使う」という意味の動詞です。(TOEIC730点レベル)

 

equiは「同じ」「等しい」という意味の接頭辞です。「(2つの)同じようなことを声に出す」というところから転じて、「どっちつかずであいまいな言葉を使う」という意味になります。

形容詞系のequivocal「あいまいな」の方がTOEICにはよく出てくるかもしれません。こちらも覚えておきましょう。文法問題の選択枝とかに出てきそうです。

 

 

 

【紛らわしい単語】

・adventure が「冒険」という意味の名詞(TOEIC600点レベル)

・advent が「出現」「到来」という意味の名詞(TOEIC900点レベル)

・advertise が「宣伝する」という意味の名詞です(TOEIC600点レベル)

 

です。どれもadがつく単語なので「前に」というニュアンスがあります。どんどん前に進んで「冒険」するからadventure。前にドドッと「出現」するからadvent。広告を前面に押し出して「宣伝する」からadvertise。

このように、adがつく単語は「前に」というニュアンスがあると感じながら覚えましょう。感じるだけで暗記効率が高くなります。

あと、adventは on the advent of 〜 で、「〜が出現したときに」という意味になります。これもよく使う言い回しなので覚えておいたほうが良いと思います。例文を下記に書いておきます。

・The world was changed on the advent of the internet.(インターネットの出現により、世界は変わってしまった)

 

 

 

【今日のつなげ方】

・advocate ⇒ad ⇒advance ⇒adventure ⇒advent ⇒advertise

・advocate ⇒vo ⇒voice

・advocate ⇒equivocal ⇒equi

・advent ⇒on the advent of

 



【関連する単語】※記事の内容に基づき自動で選択しています。

diplomat

envy

controversial

Blog Ranking←ランキングにご協力お願いします




※新しい記事がアップされたら、twitter@tango900で呟いてお知らせします。基本的に毎日更新しています。よろしければフォローをお願いいたします。
※TOEICの勉強法は「必勝!TOEIC900点勉強法」で詳しく解説しています。タイトルには900点とありますが、900点を目指さない人にもご参考いただけると思います。是非ご利用ください。

Comments are closed.