英語勉強本の著者による、TOEICによく出る単語のメモ

【refute】

・「間違いであることを証明する」「論破する」という意味の他動詞です。

・TOEIC900点レベルの単語です。

・(リフュート)と読みます。

 

難しい単語ですが、出ます。覚えましょう。「間違いであることを証明する」といいう長ったらしい意味ですが、すっきりと「反証する」と覚えてもいいです。

 

 

 

【類義語】

・disprove が「に反証する」という意味の他動詞(TOEIC600点レベル)

・deny が「を否定する」という意味の他動詞(TOEIC600点レベル)

・rebut が「に反論する」という意味の他動詞(TOEIC730点レベル)

 

disproveはrefuteとほとんど100%同じ意味ですが、denyとrebutは少し違います。refuteやdisproveが「間違いを証明する」という事を指すのに対し、denyは「真実ではないと述べる」というニュアンスにとどまっていて、証明する行為までは含まれません。そして、rebutは「間違っていると陳述する」というニュアンスであり、言う事そのものに重きが置かれています。

例えば「今は朝の9時ですよね?」と聞かれたときに

 

・「違います」というだけならばdeny

・「違います、なぜならば・・・」と理由も付ける場合はrefute, disprove

・「違うはずだ!だって、9時だったら僕が困るからだ!」と理由にならない理由を述べるような場合はrebut。

 

こういう単語群は覚えにくいですが、シチュエーションを思い浮かべながら覚えると記憶に残りやすいです。rebutはbutという綴りが含まれていることに着目して「だけど、しかし・・・」と反論するイメージで覚えても良いと思います。

 

 

 

【今日のつなげ方】

・refute ⇒disprove ⇒deny ⇒ rebut




【関連する単語】※記事の内容に基づき自動で選択しています。

animate

praise

interfere

Blog Ranking←ランキングにご協力お願いします




※新しい記事がアップされたら、twitter@tango900で呟いてお知らせします。基本的に毎日更新しています。よろしければフォローをお願いいたします。
※TOEICの勉強法は「必勝!TOEIC900点勉強法」で詳しく解説しています。タイトルには900点とありますが、900点を目指さない人にもご参考いただけると思います。是非ご利用ください。